オルニチン

MENU

オルニチンとは

オルニチンとはアミノ酸の一種で、もとから身体の中に備わっている他に、食品では「チーズ」や「エノキタケ」「キハダマグロ」とりわけ「シジミ」に多く含まれている成分です。
健康効果としては肝機能の低下による疲労の回復や、二日酔い解消が挙げられます。
また、オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進させる効果もあり、筋力を増やします。それによって基礎代謝量が増すことで消費カロリーも増加、結果的にダイエットにも繋がるとされます。
ただ、摂取量は1日で400mgから1000mgが目安となっており、比較的含まれる量が多いとされるシジミ100gに対し、オルニチンは10mgから15mgしか含まれておらず、単純計算すると約3000個のシジミを食べなければなりません。
そのため、手軽に摂取できる方法として、近年ではオルニチンを含んだサプリメントが様々な会社から発売されています。
しかし、ダイエット効果を求めるならば、サプリメントを飲むだけではなく、並行して軽い運動を行うのが正しいとされます。

オルニチンが含まれている食品

オルニチンには、疲労の回復を促し、健康的な生活を実現する効果があります。
オルニチンは、肝臓のアンモニアの代謝を活発化させ、肝臓の機能を向上させる効果があります。肝臓が健康になれば疲労の回復が促進され、健康的な生活が実現されることになります。
このように優れた効果を有しているオルニチンが含まれている食品は、シジミやキハダマグロ、チーズ、ヒラメ、食パンなど様々な種類があります。

 

様々な食品に含有されているため、一つの食品にこだわらず、満遍なく摂取することが重要となります。食品同士を組み合わせたり、メニューを増やすようにして、他の栄養成分も不足なく摂取することが重要です。オルニチンが一番多く含まれている食品は、シジミとなります。

 

シジミにはタウリンなどの栄養成分も含まれているため、利用価値は非常に高いといえます。しかし、摂取を過剰に行った場合には、腹を下すなどの悪影響が起こることがあるため、過剰な摂取は控えるようにすることが必要となります


coiffeuredelweiss.ch